12月16日の釣果件数:799件
本日の情報提供元
(242件/全2454件)
釣り楽しみ旅行、まごうの丸、浅八丸
ビギナーや家族連れにやさしい船宿
写真で表示 リストで表示
  • 千葉県
  • 南房
  • 洲崎港
北山丸
  • 2018年12月16日(日)
  • 【水色】薄濁り 【水温】18.7~19.2℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 マハタ ~1.5 kg 0~2 匹 洲崎沖~平砂浦沖水深20~65m
ヒラメ ~2 kg 0~1 匹
13隻の釣果。今日はマハタ五目の乗合船と仕立船、計3隻で出船しました。初心者からベテランさんまで、日曜日という事でお客様もそれなりにお集まり頂きましたが、終日逆潮のうえ、中~後半はその潮が速くなり釣り辛くオマツリ等も頻繁で、厄介な潮廻りでした。マハタ下は小サイズ、ヒラメ下はソゲ。他にホウキハタ・オオモンハタ・アカハタ・アヤメカサゴ・マトウダイ・アカヤガラ各数匹。
  • 2018年12月15日(土)
  • 【水色】薄濁り 【水温】19.3~19.8℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 カワハギ 15~24 cm 2~8 匹 洲崎沖~平砂浦沖水深15~40m
1前日予報では昼近くまで北風の強い予報でしたので、出船時間を10時過ぎ遅らせ出船となりましたが、マハタ五目の乗合船の方は、おのおのの帰り時間の都合もあって、遅らせての出船は無理があるのでやむ無く中止し、時間に都合のついた皆様、カワハギのみの出船でした。洲崎沖では10時頃までは北北東の風が14~15m吹いており、12mに多少緩んだ時間に出船しましたが、海上はウネリあって釣り辛く、カワハギ達も低調でアタリ悪く苦戦しました。他に小アカハタ・マカサゴ・メイチダイ・小イシダイ・ウマズラハギ各数匹。
  • 2018年12月13日(木)
今日も北風強風予報で中止でした。
  • 2018年12月11日(火)
ここ何日かは、某テレビ局の前予報(風表示)以上に風が吹く感じですね~。と言う事で予報も芳しく無く、仕立の慣れない人交じりグループさん達でしたので、親方さんと相談し年納めの釣りも、また来年と言う事で中止と致しました。
  • 2018年12月9日(日)
  • 【水色】薄濁り 【水温】19.5~19.8℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 オニカサゴ ~1.2 kg 各数匹 洲崎沖水深110~165m
2 カンパチ 45~50 cm 0~3 匹
1オニカサゴ・乗合船の釣果。出船前の洲崎沖は北北東の風が14mと予報に反し強風…。直前中止も考えたが、他船が出て行ったので出船しましたが終日、北北東の風が12~13m吹きっぱなしで海悪く、ポイントも限られ苦戦しました。そんな中でも、お客様は誰ひとりとへこたれず女性の方もおられましたが頑張って、数上がらずもオデコ者無く、オニカサゴの顔は見れました。他にレンコダイ・サバ。
2青物ジギング・仕立の釣果。他にアカヤガラ・ソウダガツオ。
  • 2018年12月8日(土)
  • 【水色】薄濁り 【水温】20~20.3℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 マハタ 0~2 匹 計 4匹 洲崎沖~相浜沖水深33~69m
アオハタ 0~2 匹 計 5匹
1マハタ五目・仕立・2隻・12人の釣果。本命マハタは4匹、アオハタ5匹とハタ系は9匹上がりましたが、殆どが小型でしたね?。他の魚種も6種交じりましたが、魚の活性は今一な感じでした。マハタ・アオハタ共にサイズは小~1kg弱。他にヒラメ・カンコ・アヤメカサゴ・マトウダイ・ホウボウ・アカヤガラ各数匹。
  • 2018年12月7日(金)
何とか午前は出れる!と思いきや…昨日のあの予報では…と言う事で、他の先頭方とも相談し中止に。
  • 2018年12月5日(水)
今日は出番なし。
  • 2018年12月4日(火)
やっとこさ入ったご予約も予報に惑わされ中止。
  • 2018年12月2日(日)
  • 【水色】薄濁り 【水温】20~20.3℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 マハタ ~1 kg 0~2 匹 船中 5匹 洲崎沖~相浜沖水深33~79m
1マハタ五目・乗合の釣果。終日、逆潮の二枚潮が速めで海も悪く、ポイントも限られ、本命のマハタはかろうじて5匹上がりましたが、サイズ不足多く写真に撮ったのは1匹だけでした。他にヒラメ・カンコ・アヤメカサゴ・マトウダイ・アカヤガラ各数匹。
  • 2018年12月1日(土)
西風の強風予報で中止となりました。
  • 2018年11月30日(金)
  • 【水色】薄濁り 【水温】19.4~20.2℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 アカハタ 2~5 匹 洲崎沖~布良沖水深24~61m
1貸切・テンヤ・タイラバ船・4人の釣果。前半は風強めでウネリもあって釣り辛く、風の緩んだ中後半は、今度は潮速まり釣り辛く…。で、釣果の方も今一な感じでした。他にマカサゴ・アヤメカサゴ・メイチダイ・ウマヅラハギ・テンス・イラ。
  • 2018年11月27日(火)
  • 【水色】薄濁り 【水温】18~20.5℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 オニカサゴ 0.4~1.2 kg 4~5 匹 洲崎沖水深115~162m
1オニカサゴ乗合・2人の釣果。前半は逆潮かつ低水温の為か?顔見た程度で殆ど上がらずも、中後半に入り時間と潮がかみ合い、更に水温も少しずつ上昇し出すとオニカサゴが口を使い出し、1kg級主体の平均サイズの良いオニカサゴが飽きない程度に上がり、終わって見ればお2人様とも差なく土産になりましたね。アタリ出しがもうちょい早ければ、まだ数は捕れたでしょう!
  • 2018年11月25日(日)
  • 【水色】薄濁り 【水温】21.1~21.6℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 マハタ ~3.2 kg 洲崎沖~根本沖水深34~72m
2 オニカサゴ 0.4~1.2 kg 3~8 匹
1マハタ五目・乗合の釣果。中盤位まではアタリ激渋で苦戦しましたが、後半に入ると魚達は多少のやる気見せ、バラシも何度かありましたが、本命マハタの3kg超え他、ゲストも少しは上がりました!但し、個人差がだいぶ出てしまい、土産十分の人はごくわずかでしたね~。ちなみに竿頭の人は3kg超えマハタの他、ホウキハタ・イヤゴハタの3種のハタを上げたうえ、カサゴ系も何匹か捕ってましたね~。まあ、この釣りは個人差出るのも仕方ないかな?次回の竿頭は貴方かも。他にホウキハタ・イヤゴハタ・マカサゴ・アヤメカサゴ・アカヤガラ。
2乗合の釣果。まずまずの釣果だったようです。他にフサカサゴ・レンコダイ。
  • 2018年11月24日(土)
  • 【水色】薄濁り 【水温】21.3~21.5℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 マハタ 数匹 洲崎沖~平砂浦沖水深20~69m
マカサゴ 数匹
アヤメカサゴ 数匹
アカヤガラ 数匹
ヒメジ 数匹
1マハタ五目・乗合の釣果。マハタは1kg弱。今日も根魚全般低調でしたが、終日上潮の流れは悪く無いので、あとは底潮加減ですねぇ~。潮の事なので何とも言えませんが、底潮良くなれば近々、根魚の喰いが上向く可能性は十分あります!期待しましょう!
  • 2018年11月23日(金)
  • 【水色】薄濁り 【水温】20.3~21.5℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 マハタ 船中 2匹 洲崎沖~根本沖水深23~67m
2 マダイ ~1.7 kg
3 マダイ
メイチダイ
イサキ
イラ
3連休の初日、お客様もそこそこお集まり頂きましたが、どの釣り物も芳しくありませんでした。
1マハタ五目・乗合の釣果。他にアカハタ・マカサゴ・ヒメジ・ショウサイフグ。
2テンヤ五目・仕立の釣果。他にメイチダイ・小マハタ・アカハタ・テンス。
3コマセ五目・仕立の釣果。
  • 2018年11月21日(水)
  • 【水色】澄む 【水温】21.4~21.7℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 マハタ 洲崎沖~布良沖水深24~69m
アカハタ
マトウダイ
オキナヒメジ
1マハタ五目。潮流れは適度も、底潮の加減が悪いのか?魚の活性今一でした。
  • 2018年11月19日(月)
今日はご予約無く出船しておりません。
  • 2018年11月18日(日)
  • 【水色】薄濁り 【水温】21.5~22.3℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 アカハタ 2~7 匹 洲崎沖~布良沖水深24~60m
2 マハタ 0~3 匹
3 カワハギ 16~25 cm 1~8 匹
今日は、3隻とも違う釣り物で出船。お客様方、それなりにお集まり頂きましたが、各釣物とも今一な感じでしたね~。
1テンヤ五目船。アカハタは小~中サイズ。小型は放流。他にアヤメカサゴ・フサカサゴ・メイチダイ・ウマヅラハギ。
2マハタ五目船。マハタは小型。他にオオモンハタ・小ヒラメ・アヤメカサゴ・アカヤガラ・ヒョウモンコウイカ各数匹。
3カワハギ船。他にアカハタ・ウマヅラハギ・ヒメジ。
  • 2018年11月17日(土)
  • 【水色】薄濁り 【水温】21.5~21.7℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 オニカサゴ 0.4~1.3 kg 1~4 匹 洲崎沖水深117~170m
1オニカサゴ乗合。終日、上潮と底潮が噛み合わないキツイ二枚潮の為、魚の口使い悪く数も伸び悩みましたが、とりあえずオデコ無く良型も少し出ました。他にカイワリ・レンコダイ・カナガシラ・サバ。
  • 2018年11月16日(金)
  • 【水色】薄濁り 【水温】21.3~21.7℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 マハタ ~1.5 kg 0~2 匹 洲崎沖~布良沖水深35~79m
1マハタ五目・乗合の釣果。お客様席座を四隅に配置し行うが、本命マハタを上げた人は西家と北家の人で東家、南家の人は残念ながら本命の顔見れずでした。昨日のマハタ確率は100%でしたが、今日は50%でしたね~。他にヒラメ・アヤメカサゴ・アカヤガラ・ヒメジ。
  • 2018年11月15日(木)
  • 【水色】薄濁り 【水温】21~21.3℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 マハタ 1~2 匹 6人 7匹 洲崎沖~相浜沖水深30~65m
1マハタ五目・仕立・2隻の釣果。マハタ~3kg弱。今日も潮弱く魚の活性は今一でしたが、とりあえず小振りなマハタも目立ちましたが、私船と別船共にマハタは全員上げました。他にカンパチ・アヤメカサゴ・アカヤガラ各数匹。
  • 2018年11月13日(火)
  • 【水色】薄濁り 【水温】19.2~20.8℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 カワハギ 17~26 cm 8~9 匹 洲崎沖~坂田沖水深25~37m
1カワハギ船・仕立・2人の釣果。今日は、今シーズンちょい元気のないカワハギで出船してきました。平均サイズは良いが、どの場所も数匹上がれば後続かない感じでなかなか数まとまらず…。お2人様ともツ抜け手前で、ツ抜けの壁は厚かったです。他にアカハタ・メイチダイ・ウマヅラハギ数匹。
  • 2018年11月12日(月)
オニカサゴで出船予定で、お客様方は船宿に朝来られましたが、結構な雨が降っており、視界も悪そうなので直前中止でした。
  • 2018年11月11日(日)
  • 【水色】薄濁り 【水温】21.6~22.2℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 マハタ ~2.2 kg 0~2 匹 洲崎沖~根本沖水深25~62m
アオハタ ~1 kg 0~3 匹
アカハタ 0~2 匹
1マハタ五目・2隻の釣果。アカハタは小~中、大サイズ。今日のマハタ五目は乗合船と仕立船、2隻での出船でした。仕立船は多少慣れた方もおられましたが、大半が貸し竿初心者でレクチャーしながらの釣行…。潮が弱いが為魚の活性は悪かったですが、なんだかんだと皆さんのガッツで、本命マハタは数人しか捕れませんでしたが、全員が何らかの魚上げましたね。他にアヤメカサゴ・マトウダイ・アカヤガラ各数匹。
  • 2018年11月10日(土)
  • 【水色】薄濁り 【水温】19.8~21.5℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 オニカサゴ 0.4~1.7 kg 0~6 匹 洲崎沖水深107~175m
2 アカハタ 4~8 匹
1乗合・オニカサゴ船の釣果。二枚潮で多少の釣り辛さはありましたが、恐れていた速潮無く流れは適度で、上がるオニカサゴも最大1.7kg、他1kg超えもそこそこ交じり平均サイズもまずまず。但し、個人差が出てしまい、半数以上の方はおのおの1kg超え交じりで4~6匹で土産確保。それ以外の方は0~1匹で残念でしたね~。他にカンコ・フサカサゴ・ヒオドシ・サバ・ヨリトフグ。
2仕立・根魚スロージギンク船の釣果。小~中大サイズ。他にマカサゴ・メイチダイ・ヒメジ各数匹ずつ。
  • 2018年11月9日(金)
  • 【水色】薄濁り 【水温】19.8~20.8℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 小マハタ 0~1 匹 洲崎沖~根本沖水深24~70m
アカハタ 1~2 匹
1マハタ五目・4人の釣果。多少の水温低下もあるが、潮加減が気に入らないのか?終日アタリ少なく、かろうじてアカハタは全員顔見たが、マハタ他の根魚は低調でした。他にカンコ・ヒメジ・ウマヅラハギ。
  • 2018年11月7日(水)
仕立船、乗合船とも中止にしました。
  • 2018年11月6日(火)
  • 【水色】薄濁り 【水温】21~22.2℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 マハタ 1~2 匹 4人 5匹 洲崎沖~根本沖水深30~71m
2 オニカサゴ 0.4~1 kg 3~5 匹
3 小ダイ
アカハタ
メイチダイ
ウマヅラハギ
今日は3隻とも違う釣り物で出船しました。3隻と言っても、各船皆3~4人ずつのゆったり釣行。
1マハタ五目。全体的なアタリは決していいとは言えませんでした…。とりあえず乗船者全員バラシ等もありましたが、手頃なサイズの本命マハタをゲットしました。他にマカサゴ・アカヤガラ・オキナヒメジ。
2他にレンコダイ・サバ。
3テンヤ・タイラバ。
  • 2018年11月4日(日)
  • 【水色】薄濁り 【水温】22.3~23℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 マハタ 0~1 匹 1.5kg前後 洲崎沖~布良沖水深25~75m
2 アカハタ 数匹
アオハタ 数匹
アヤメカサゴ 数匹
今日はマハタ五目の乗合船・仕立船、2隻での出船でした。終日浅い方?沖口まで、どの場所も弱潮で苦戦…。そんな中でも、手に汗握るやり取り…とまではいかないが、大型マハタ特有の不定期に真下に突っ込む強いアタリがありましたが、数分間のやり取りの末、ラインに傷でもあったのか?悲痛なライン切れ…。お客様、一生懸命やられていたので私も残念でしたが、釣りですからこんな事もあるでしょう!次回、頑張って下さい。
1他にイヤゴハタ・アカハタ・アヤメカサゴ各数匹。

ライター(APC)募集
海の釣果情報
釣りビジョン ワカサギ釣り情報