2月21日の釣果件数:207件
本日の情報提供元
(74件/全2226件)
釣り楽しみ旅行、まごうの丸、浅八丸
ビギナーや家族連れにやさしい船宿
写真で表示 リストで表示
  • 岡山県
  • 岡山西部
  • 琴浦港
KAIMARU・凱丸
  • 2017年2月13日(月)
  • 【波】ナギ 【水温】9℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 マダイ 25~50 cm 8~8 匹 合計 16匹 小豆島沖水深50m
1久しぶりの出漁。天気も良くてワクワクしました。朝は猛烈に冷え込んで、フロントガラスも真っ白に凍り付いていましたが、キャビンの中は暖かくて皆さん盛り上がっていました。ランガンしながらポイントを回って行くうちに、艇団と少し離れたところでソナーに良い反応が出ました。意外な場所だったので半信半疑で投入しましたが、これが大正解。その後もポイントのアタリが今日は良かったみたいです。50cm頭に8匹の方、47cm頭に8匹の方、この季節にしてはまずまずの釣果でしょ?
  • 2017年1月21日(土)
  • 【波】ナギ 【水温】14℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 タチウオ 80~120 cm 1~12 匹 合計 40匹 水深60m
1タチウオ遠征。今日の本船の平均年齢は66歳。64歳でいつもは最年長の方も今日は若手です。ポイントに行く道中、皆様の内容の濃い楽しい会話に聞きほれていましたが、釣りが始まるや、皆さん穏やかながら熱き情熱が伝わってきました。自己新のドラゴンも最後に出て、釣行に花を添えて頂きました。
  • 2017年1月9日(月)
  • 【波】高い 【水温】14℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 タチウオ 90~120 cm 0~5 匹 合計 12匹 水深50m
1遠征タチウオ。厳しい1日でしたが、来たらデカかったです。みなさんしゃぶしゃぶサイズをお持ちかえられました。
  • 2017年1月8日(日)
  • 【波】やや高い 【水温】13℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 ヒラメ・マゴチ・カサゴ 20~85 cm 3~5 匹 合計 16匹 下津井沖水深20m
1おるもんじゃなー。今日は85cmのヒラメが上がりました。そのモンスター振りには度肝を抜かれました、犬歯の様な牙、デカい口、パワー、重さ、凄かったです。聞けば釣られた方は婚姻届けを提出されたばかりだとのことでした。最高の海の神様からのプレゼントですね。
  • 2017年1月7日(土)
  • 【波】ナギ 【水温】15℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 タチウオ 80~115 cm 15~30 匹 合計 110匹 水深60m
1遠征タチウオ。タチウオ釣りも終盤に入り、良型が揃う良い季節になって来ました。今日のポイントは広くて釣りやすかったです。釣り船も三山集まっていました。広島、愛媛の主だった遊漁船は勿論ですが、山口県の船も来てました。魚も大きな群れで入って来ており、どこでも釣れました。ただ後半戦は流石にプレッシャーが強くなったのでしょう、何か一技加えた方にアタリが集中したようです。
  • 2017年1月4日(水)
  • 【波】やや高い 【水温】13℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 マダイ 45~55 cm 1~3 匹 合計 7匹 小豆島沖水深50m
1タイサビキ。水温も13度台まで下がり、本格的にタイサビキの季節になってきました。 今日は潮周りの関係で、数がでるポイントを攻めれませんでした。その所為で、数は出ませんでしたが、殆どが50オーバーの良型でした。良い反応が出ているのに、乗らない、ストレスの溜る時間が多かったのですが、当たればマダイの引きを皆さん堪能されておりました。 誠に、楽しそうでした。
  • 2016年12月30日(金)
  • 【波】ナギ 【水温】14℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 ヒラメ・マゴチ 35~72 cm 2~6 匹 合計 17匹 水深15m
1ヒラメ・マゴチ呑ませ釣り。水温も下がり、ヒラメ・マゴチが更に浅場に集まってきてる様な気がします。今日は竿頭のお客様は6匹とマゴチに関しては大アタリでした。
  • 2016年12月29日(木)
  • 【波】高い 【水温】16℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 ハマチ・サワラ 50~80 cm 0~5 匹 合計 7匹 鳴門沖水深40m
1遠征タチウオ。午後から強烈な風が吹いてくる予報の中、戦々恐々としながら、出港しました。以外にも海は穏やかで、すんなりと鳴門に到着しました。満ち潮のたるみに期待を掛けていましたが、残念ながらノーバイトでした。引き潮に代わってから、先日良かったラインを流すと、一流し目から、ハマチをキャッチしました。あっという間に皆さん次々にヒットして、6匹キャッチしました。その後中だるみはありましたが、最後に良型のサワラを仕留めました。先日来、取られ続けてきたジグの仇が少しは取れたでしょうか? ジグとしゃくり合った今日の竿頭のお客様は船中7匹中5匹獲られました。やはりジギングは交通事故ではありませんね。
  • 2016年12月28日(水)
  • 【波】ナギ 【水温】16℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 マダイ 25~47 cm 2~7 匹 合計 14匹 小豆島沖水深40m
1先日のカワハギテスト釣行の時に良い反応を見つけていたので、期待して小豆島に向かいました。 まだまだ、ハシリですから、どこに行っても良い反応という訳には行きませんが、探せば見つかります。 大人2人、小4のお子様1人で、14匹ならタイサビキ開幕宣言してもOKでしょう。
  • 2016年12月26日(月)
  • 【波】ナギ 【水温】14℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 ヒラメ 35~45 cm 1~2 匹 合計 5匹 水深13m
1なかなかコツを掴めずに苦戦続きだった『ヒラメ呑ませ釣り』ですが、少しだけ、でも確かに『開眼』しました。 今後、こうご期待です。
  • 2016年12月25日(日)
  • 【波】やや高い 【水温】16℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 ハマチ 50~60 cm 1~3 匹 合計 6匹 鳴門沖水深40m
1ブリ鳴門遠征。鳴門は今、良く釣れているという情報を頂き、今日はウキウキの出港でした。波が意外と大きくて、鳴門まで2時間半掛かりましたが、皆さん元気一杯でした。釣り船も多くて、テンションも否応なく上がりますが、前半戦はお魚さんがそれに答えてくれませんでした。しかし、諦めない皆さんには素敵なことが待っていました。しゃくり始めて、2時間位経った時、突然の時合が訪れました。流すたびにヒットが続きました。小1時間ほどだったでしょうか、こんなことがあるから、ジギングは止められません。
  • 2016年12月24日(土)
  • 【波】ナギ 【水温】16℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 タチウオ 80~115 cm 8~45 匹 合計 180匹 水深50m
1タチウオ今シーズン最高の釣果。悪天候が続き久しぶりの太刀魚釣行でした。前半なかなか良いポイントを探せないで、苦労しましたが、12時頃やっと良い群れに出会いました。そこから怒涛の2時間、良型揃いで、エキスパートの方は釣れっぱなし、初心者の方もそれなりに釣られて、今期最高の釣果になりました。
  • 2016年12月21日(水)
  • 【波】ナギ 【水温】16℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 タチウオ 90~115 cm 5~20 匹 合計 70匹 水深50m
1ドラゴン狙いで遠征してきました。数日前とは打って変わり、良い情報は無かったので、今日はランガン釣行になってしまいました。前半は何処に行っても、直ぐに釣れるのですが、後が続きません。デカいのは上がりましたが、もう少し数が出ないと寂しすぎます。困り果てていましたが、地獄で仏、海の神様は僕らにお情けを掛けてくださいました。良いポイントに最後に巡り合えて、皆さん笑顔で帰宅することができました。
  • 2016年12月19日(月)
  • 【波】ナギ 【水温】15℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 カワハギ・ヒラメ・マゴチ 20~55 cm 0~2 匹 合計 10匹 水深13m
1最近の釣果です。僕のいけないとこ、天邪鬼なところが出てしまいました。もっともっと釣れたと思います。 申し訳ありませんでした。今日はカワハギ釣りのエキスパートさん4人でポイントを探しました。厳しい結果でしたが、解ったことも沢山あります。遠征になりますがリベンジに行きたいです。是非、ご参加ください。
  • 2016年12月11日(日)
  • 【波】ナギ 【水温】17℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 タチウオ 80~115 cm 5~15 匹 合計 50匹 水深20~50m
1下津井沖で苦戦したので、仕方なくプチ遠征となりました。竿を出す時間は短くなりましたが、指6本半も出て楽しい釣りができました。
  • 2016年12月5日(月)
  • 【波】やや高い 【水温】16℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 マダイ 25~45 cm 2~3 匹 合計 5匹 水深30m
1今日は久しぶりのタイラバでした。やっぱりタイラバは面白いですね。タックルが兎に角軽くて、愉快でした。キャッチしたのは5匹でしたが、アタリは結構あって、楽しめました。サビキの方が釣れたとは思いますが、タイラバは手軽でシンプルなところが最高ですね。
  • 2016年12月4日(日)
  • 【波】やや高い 【水温】16℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 タチウオ 80~110 cm 3~22 匹 合計 60匹 水深50m
1今日は土砂降りの中、お疲れさまでした。良く釣られた方も、そうでない方も頑張っていただきました。ありがとうございました。経験の差とは言え、タチウオは腕の差がとても出るゲーム性の強い釣りです。諦めなければ、どんどん釣れるようになりますから、楽しみにしといてください。
  • 2016年12月2日(金)
  • 【波】ナギ 【水温】17℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 タチウオ 80~105 cm 7~10 匹 合計 35匹 水深50m
2 タチウオ 80~110 cm 6~17 匹 合計 45匹 水深50m
1小春日和の中、のんびりと釣りができました。もう少し釣れればよかったのですが、タチウオ釣りは甘くありません。上級者の様には釣れません。でも諦めなければ、確実に上達していきますよ。前半、苦労してたI様も後半はまあまあ釣れ出しましたよね。その内、同乗者がびっくりするぐらい釣れるようになってくださいね。
2最近、リリースサイズは減ってきましたが爆釣しません。釣る方はそれなりに釣られるのですが、苦戦される方は本当に数匹しか釣れません。迷宮に嵌ってしまったなと思ったら、ヒントが欲しいと思ったら、船長に気軽に聞いてください。釣り方を押し付けるようなことはしませんが、アドバイスは喜んで致します。実はいつもアドバイスをしたくて、うずうずしてますから…。
  • 2016年11月29日(火)
  • 【波】高い 【水温】19℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 ブリ 95 cm 0~1 匹 合計 1匹 鳴門沖水深45m
1強風の鳴門遠征、奇跡の巨ブリ。鳴門はやはり厳しい海でした。特に橋の北側は凄まじく荒れていて、船を回すのもうねりの間隙を探さないといけないほどでした。体調を崩す方も続出しました。気持ちが折れそうになりましたが、小さい船に1人乗って、漁師さんたちが頑張っているではないですか。感心すると同時に『今、釣れる。』ということですよね。僕らも頑張るしかないですよね。しかし、頑張っても頑張っても釣れません。今日もアシストフックをサワラに大半の方が切られたりはしましたが、時間だけが過ぎていきます。最後の一流しもアタリは在ったけれど…。余りに悔しくて、もう一流しと僕は言ってしまいました。全ての苦労を吹き飛ばすカタルシスが待っているとも知らないで。神様ありがとうございました。
  • 2016年11月27日(日)
  • 【波】やや高い 【水温】19℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 ブリ・サワラ 60~90 cm 0~2 匹 合計 4匹 鳴門沖水深50m
サゴシ 2匹
1鳴門青物遠征。大雨の中、鳴門に向けて暗い中を出港。しかし、みなさんのテンションは高く、船上は初対面の人同士が多いにも関わらず大盛り上がりで、ずっとにぎやかな内に鳴門に到着しました。大雨にも関わらず流石、鳴門。青物狙いの船が一杯居て、みなさんのテンションも更に上がります。しかし、到着したときは潮止まり、潮速が上がるまでの3時間皆さん我慢強くしゃくって頂きました。結果は85cmのブリ、90cmのサワラと何とも言えない釣果でしたが、ラインブレイクでサワラの所為か連発していました。ラインシステムを工夫して、必ずリベンジしたいと思います。
  • 2016年11月26日(土)
  • 【波】ナギ 【水温】18℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 タチウオ 80~125 cm 6~17 匹 合計 90匹 ~指7本 水深60m
1近場に良い型のタチウオが入って来ました。爆釣ではありませんが、しっかり楽しめます。今日は何といっても指7本弱のドラゴンを仕留められました。
  • 2016年11月21日(月)
  • 【波】高い 【水温】19℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 タチウオ 80~125 cm 12~30 匹 合計 80匹 水深110m
エソ 50 cm
11泊2日の山口遠征、最高に楽しかったです。2日目は大風が吹いて生憎でしたが、お天気に恵まれていたら、どれだけ釣れたかわかりません。ほどほどで良しとしましょう。お客様4人の内、3人がドラゴンを上げられ、流石「山口」と言ったところでした。流石「山口」と言えば、このエソをご覧ください。50cmオーバーですよ。太刀魚もデカくなるはずです。
  • 2016年11月19日(土)
  • 【波】ナギ 【水温】19℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 タチウオ 70~110 cm 2~28 匹 合計 100匹 水深60m
1今日はチャーターでタチウオでした。気の合った仲間との釣行は楽しそうでした。着実に釣果を積み重ねるベテランさん、ポロリン連発の若手さん、悲喜こもごもで雨交じりのお天気にも拘わらず、笑いの絶えない1日でした。
  • 2016年11月18日(金)
  • 【波】やや高い 【水温】19℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 マダイ 25~48 cm 1~6 匹 合計 19匹 水深40m
1今日は地元でタイサビキでした。潮時を考えながらポイントを回りました。朝一で推定60cmオーバーを釣り損ねて、「ヤバイ感」が半端なく漂っていましたが、今日は僕のポイント設定も冴えていて、良型連発、全員安打で、楽しい釣りをしていただきました。
  • 2016年11月16日(水)
  • 【波】ナギ 【水温】19℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 マダイ・タチウオ 25~115 cm 6~10 匹 合計 31匹 ~指5本 水深50m
1タイサビキは絶好調、どこに行っても、アタリまくりでした。ただ、硬い竿だとキャッチ率が半分以下でしたね。 皆さんタチウオが釣りたかったようで、マダイが釣れ続いていましたが、タチウオのリクエストが在って、後ろ髪を引かれつつ、マダイのポイントを後にしてタチウオのポイントに走りました。今日のような大きな潮回りではタチウオを釣るのは至難の業です。判っててもやりたいのなら、していただくより他に選択肢は無いのですが、案の定、苦戦はしました。しかし、みなさん、この状況でタチウオが釣りたいと言われるだけの技量をお持ちでした。指5本を筆頭にみなさん釣果を上げられました。お見事、お見事。
  • 2016年11月13日(日)
  • 【波】ナギ 【水温】19℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 タチウオ 70~100 cm 6~12 匹 合計 52匹 水深50m
1今日は1日中ポツリポツリと釣れました。ラッシュを求めてウロウロしましたが、そうしない方が良かったかもです。救いは、タチウオ初体験の方が3人いらっしゃたのですが、皆さんしっかりと釣られたことです。
  • 2016年11月12日(土)
  • 【波】ナギ 【水温】19℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 タチウオ・マゴチ・エソ 70~105 cm 6~10 匹 合計 28匹 水深50m
1タチウオ・ヒラメ呑ませ釣り。タチウオを気持ちよく釣って、本日本命のヒラメの呑ませ釣りに移動しました。残念ながら、こちらは『気持ちよく』という訳には行きませんでした。思いのほか潮が行かなかったのが敗因ですかねー。
  • 2016年11月9日(水)
  • 【波】やや高い 【水温】21℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 タチウオ 70~110 cm 15~25 匹 合計 160匹 水深60m
1タチウオプチ遠征。強烈な北風を予想して、今日はポイントを決めました。瀬戸内海は良い処です。こんなお天気の時にも竿を出すポイントがあります。お昼過ぎには風が少し落ち着いてきたので、最近大物が釣れたポイントに行きました。残念ながら、そちらは不発。風もまた吹雪いて来て、撤収を考えていたら、左舷の方に強烈な何かがヒットしました。それから、長いファイト。ファイトでできた血豆を潰して、血だらけの手で、頑張り続けましたが…。これで良かったのか、そうでなかったのか、兎に角、次回も頑張ってください。
  • 2016年11月6日(日)
  • 【波】高い 【水温】21℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 タチウオ 80~110 cm 3~5 匹 合計 20匹 水深30m
1今日は朝一でタチウオを釣ってから、『マダイサビキ』の予定でした。タチウオは昨日ちょっと良かった情報に尾ひれがついて、小さなポイントに収まりきらないほどの釣り船が集まっていました。当然、釣果は今一で、KAIMARUはドラゴン求めて、早々とそのポイントを後にしました。残念ながら移動中に風が爆風に代わり、その後はサバイバルゲームになってしまいました。救いはデカいのが2匹出たことです。ライフジャケットをどなたかお忘れです。ご連絡ください。
  • 2016年11月4日(金)
  • 【波】ナギ 【水温】21℃
釣りもの 大きさ 重さ 匹数 ポイント
1 タチウオ・マダイ 70~110 cm 10~15 匹 合計 50匹 水深50m
1今日は『マダイサビキ』と『タチウオ』のダブルヘッダーでした。マダイサビキは49cmを頭に8匹、タチウオは竿頭15匹でした。タチウオはいつものように大物狙いで流しました。その効果も少しはあったのでしょう、でかいのが数匹釣れました。

ビギナーや家族連れにやさしい船宿
海の釣果情報
淡水フィッシング情報
釣りビジョン 鮎